周年イベント・セールは絶対やろう!これが必要な2つの理由

 

周年イベント、記念イベントなども大切な販促活動の一つです。あなたがお店を続けていられたのは、利用してくれるお客様がいてのことです。

 

頻繁に来てくれる方に対しては個別にお礼をするのも良いですが、ずっと続けていられたのは様々なお客様がいてこそのことです。

 

なので、お客様全員に対してのイベントも行いましょう。それが1周年イベント、3週年イベントなどの記念行事です。

 

また、セールも定期的に必要だと思います。ここで、なぜセールやイベントが必要なのかの理由を2つ、まとめて行きます。

 

 

 

周年イベントはお客様へ「ブランドの再認識」をさせ、これからも来ようと思わせる場

 

4bd631c63acbb8c4346526914b370e85_s

 

前述しましたが、お店を何年も続けられたのはあなたの商品、サービスを利用してくれる方がいたからこそのことです。

 

普段はお客様に対して何かを還元するということは、あまり無いと思います。節目だけで行うことができる周年イベントは、その「還元」が出来る、唯一と言っても良い機会となります。

 

 

周年イベントは、あなたの愛用している商品、つまり売りたい商品に対して愛着があるということを再認識させることができます。お店のブランドが確固たるものとなっていることをより強くアピール出来、お客様の認識をより一層強くさせられるのです。

 

 

具体的なイベントの中身はどのようなものでも問題ありませんが、これからもリピートし続けて、また来ようと思わせるような中身がおすすめです。

 

それが、最初に述べた還元というものです。

 

 

「私が利用しているから活動してこれた」「潰れずに残れた」と思わせられて、さらにこれからも来ようと感じさせられれば、支えてくれたお客様へのお礼になり、これからも来店していただけるきっかけとなるという具合です。

 

 

 

セールは購入をより促進させるための場

 

59df2e3e554a5e68685bf6d6522b62fc_s

 

セールとは、一般的には売れ残ったものや傷のあるものなど、普通には売れなさそうなものを大きく値引いて一気に売るもの、とお思いではないでしょうか?

 

これは一理ありますが、基本的には値引きや在庫などにかかわらず、普段の購入をより強く促進させるために行うものです。

 

なぜかというと、お客様はそもそもセール品よりも目新しい製品の方が興味があり、魅力を感じやすいものです。実際、セール中に来店したお客様が購入した品は、セール品ではなく新作商品だったということも珍しくありません。

 

 

セールは普段見ない商品に目を引かせる機会を作って、価格の魅力を出し、そこに商品の魅力が高い新作を並べて、お客様の選択肢を増やすイベントです。

 

 

もちろん、割安感だけを打ち出すセールは新規客の獲得に大いに役立ちますので、是非行っておきたいものです。

 

 

ちなみに、セール価格として割り引くものは、季節商品と不良品や傷物などで、およそ3割から半額程度がおすすめです。また、セールにかかわらず計画的に値引き、値下げを行うのも、商品の回転が良くなるためおすすめです。

 

 

まとめ

 

あなたのお店は、周年イベントやセールを開催していますでしょうか?

 

開店から1年ほどが経った、地域に定着してきて何らかのイベント、セールをしたいなどというときには、是非やってみてください。

 

きっと喜んで頂けると思いますよ!