リラクサロンで固定客をつかむためにしなければならない3つのこと

 
新規のお客さんを集めるのは何よりも大変で、コストがかかることですよね? 新規でお客さんが来て、数回はリピートしてもらわなければ、経営は徐々に厳しくなっていきます。

 

そのためには商品力、提案力、接客力なども大切ですし、コンセプトやサロン・お店のウリも確立されていなければなりません。

 

そこで、固定客を掴むためにしておくべき3つのことをまとめていこうと思います。

 

 

①サロンが変化していることをアピールする

wellness-1021131_640

 

「二度とこない」という方はともかく、お店を気に入ってくれて何度もリピートしてくれる方も、突然来なくなることはあります。

 

人間は最初は良くても、次も同じほど満足することは無いといわれています。

 

サロンも同様で、その方によほど気に入られて行きつけにでもならない限り、何度も継続して来てもらうことはほとんどありません。

 

何度も来店してもらうために、サロン内の変化はほぼ絶えず行うことが大切なのです。

 

 

そこでおすすめなのが、「変化していることを伝える」という宣伝です。例えば「◯◯メニューを新設しました」「新型設備を導入しました」といった設備のアップグレードや、新しいコース・パックを開設したなどです。

 

 

これにより、行かなくなって再び行きづらくなったというお客さんにも響かせることができますよ。

 

例えば特に理由もなく、行きつけの美容室から違う美容室に行ったとき、「やっぱり以前の美容室に戻りたいが、戻りづらい」と感じたことはないでしょうか? 

 

これと同じことがサロンにも言えるのです。こういった方にDMなどで新しいメニュー等をお知らせすれば良いのです。

 

様々なお客さんの心理を考えながら、宣伝を行ってみましょう!

 

 

 

②「二度と行かない」方はカットする

b083d120a11273a9a11c15da4d5bbdba_s

 

当然ですが、ダイレクトメールの質が良かったり、顧客管理のレベルが高かったとしても、施術の質などが悪ければ二度とこないうえに、悪い口コミにつながります。

 

そのため、「もう二度と来ない」と決めている人に対してはDM発送を止めて、コストをカットしましょう。

「二度と来ない方」とは、具体的に苦情を寄せてくれた方や、しばらく来店の無いお客さんのことです。

 

 

もちろん、神経質になりすぎるのも考え物ですし、レベルの高い施術をすることは大前提となり、そのような方は一人も作らないと心掛けることは必要です。

 

しかしたまたま体に合わなかったなどの理由で「二度とこない」と思われるなどはあります。

 

そのような方へのコストを切り、別の新たなキャンペーンをするなどの販促活動をしましょう。

 

 

 

上位2割の固定客が全体の8割の利益を担う

abc355fb37003414ed6dc9abcdc348c3_s

 

固定客を作ることは大切ですが、固定客の中でさらに何度も来てくれるお客さんは、お店全体のかなりの利益を担っているといわれています。

 

これは口コミもどんどんしてくれて、お店の枠を超えて個人的な付き合いになるぐらいのお客さんのことです。

 

このようなお客さん獲得するのは至難の業ですが、何人もいれば経営は強く安定し、利益の大半を生み出すと言われています。

 

 

”上位2割のお客さんが全体の8割の利益を生み出す”というのは、「パレートの法則」と呼ばれるものです。1000人お客さんがいれば、そのうち上位200人のお客さんによって8割の利益をもたらしているという考えです。

 

難しいことではありますが、このような強い固定客を掴むようにする販促活動も重要なのです。そして上位2割のお客さんに重点的に販促をすることも大切です。

 

そのためにはお客さんとの距離を詰める、親密度を高めるなども有効です。そのお客さんと店の関係を考えて区切るなどの顧客管理をしたり、様々な心理を考えながら、固定客化への方法を決めるのが大切ですよ。

 

 

まとめ

 

以上が固定客をつかむために、しておかなければならないこと・知っておくべきこと3つになります。是非参考にしてみてくださいね。