おうちネイルサロンを成功させる3つのターゲット設定法

 

おうちネイルサロンを開業するにあたり、大切なのはターゲットを絞り込むことです。

 

ターゲットを絞り込んでいないと、逆にお客様が来ない、閑古鳥が鳴くサロンになってしまいます。

 

今回は、おうちネイルサロンを成功させるためのターゲット設定法を3つご紹介します。

 

 

ターゲットを分析する

5d1d6027b759c45f77a4385479d6f418_s

 

サロンに来てもらえる客層というものは基本的には立地に左右されるものです。

 

そのためエリアに合わせたサロンづくりをするだけで、お客様に行ってみたい!と思えるサロンになりますよ。

 

たとえば、若者が多いところであれば、若い女性にぴったりの華やかなネイルを提供したり、キャリアウーマンが多い場所であれば、短時間でシンプルかつ上品なネイルを仕上げる技術が必要となります。住宅街でしたら、子供連れでも来店しやすいよう、お子様向けのDVDなどを用意しておくのもいいかもしれませんね。

 

サロンの雰囲気とそのエリアに多いお客様の層がミスマッチだと、どんなに良いサロンでもお客様がつきにくくなります。

 

サロンの雰囲気や技術力はあるのに、リピーターのお客様がなかなかつかないとお悩みのオーナー様は、ぜひ一度見直してみてください。

 

 

ターゲットに合わせたネイルを提供する

a235d981a44d791568bed0afea9a626b_s

 

 

多くのサロンで見かけるのが、デザインサンプルのネイルチップや写真です。

 

お客様はそれを見て、希望のデザインをおっしゃられますが、もしそこにお好みのものがなければもう一度来たいとは思わないのではないでしょうか?

 

そういった意味では、デザインサンプルのチップや写真はネイルサロンの看板でもあるのです。

 

バラエティ豊かにさまざまなサンプルを揃えられれば問題はありませんが、おうちネイルサロンでは経営的にも場所の広さ的にも難しいもの。

 

そこで、ターゲットに合ったデザインを揃えることが大切なのです。

 

自分の技術力と求められているデザインがかみ合わないこともよくあります。例えば派手なネイルが得意なネイリストが、ビジネス街のキャリアウーマンに受け入れられがたい、ということはお分かりいただけると思います。

 

キャリアウーマンの方は、短時間でシンプルかつ上品なデザインのネイルを求めてらっしゃるのがほとんどですから。そうすると、リピーターどころか新規のお客様さえ見込めませんよね。

 

自分の好きなデザインサンプルばかり作っていると、自分の好みのデザインや得意な技術に偏りがちになってしまうので、時々はスキルアップも兼ねて苦手な分野にもチャレンジしてみましょう!

 

また、いつも同じデザインのサンプルでは、マンネリ化してしまい、お客様も飽きてしまいます。少しずつでもいいので、ターゲットに合わせたネイルや流行を取り入れたネイルのサンプルを取り入れていくと、リピーターの確保につながりますよ。

 

 

ターゲットに合わせた価格設定をする

6f1c9ecbc7cf2255523fb43c957916e3_s

 

 

サロンのオーナー様が一番頭を悩ませるのが、ネイルの価格設定だと言われています。価格は一度決めてしまうと、なかなか変更しにくいのが難点ですものね。

 

特に、値上げするとリピーターのお客様も一気に離れてしまうので、最初に慎重に決めることが大切です。

 

 

価格設定をする際には、まず近隣にあるサロンの価格を参考にするのがよいでしょう。

 

低価格のサロン路線でいくのであれば、近隣サロンよりも少し低めにすることをオススメしますし、癒しの空間や贅沢な時間を提供するサロンにしたいのであれば、あまり低価格すぎるのは逆にお客様が信用しづらくなってしまいます。

 

また、ターゲットの年齢層が低いのであれば、少し安めの方がリピーターになってくれるでしょう。主婦や学生が月1回通える料金、というものを念頭に置くのもオススメです。

 

 

そして、メニューとの兼ね合いもありますが、アートひとつで追加料金をもらうという積み上げ型の価格設定にするのか、カラー+アート2本で決まった料金を得るセット型の価格設定にするかということも、ターゲットに合わせて決めていきましょう。

 

初めてネイルサロンに来る、というネイル初心者が多いところであれば、セット価格や定額制の価格設定をすると、お客様にとってもわかりやすく安心感を与えられますので、リピーターにつながりやすくなりますよ。

 

 

 

まとめ

 

このように、おうちネイルサロンを成功させるには、技術力だけでなく、さまざまな分析や工夫が必要なのです! 

 

現在おうちネイルサロンの経営でお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。