販促活動をしっかり行って繁盛するリラクサロンを作ろう

 

どんな業界でも、集客のために行うのが販促活動です。一人でも多くのお客さんに来店していただくためには、絶対に必要です。

 

どのような販促活動をするのか、どんなマーケティング手法を使って集客するかが、経営の重要なポイントになります。

 

一般的に販促活動とは、売上を上げるためにかけるコスト、費用対効果を考えたものがメインとなります。

 

今回はこの基本的ところから簡単にまとめて行こうと思います。

 

 

仮説を考えてから販促を行う

992144e66476c1031f34639c889bc6c9_s

 

これをすれば確実にお客さんが来る。という、答えとなるような手段は存在しません。様々なことを考えても、それは全て「仮説」となります。

 

自店にまつわるあらゆる「仮説」の中から、それに対して最も効果があるという戦略を立てて、実行に移します。

 

実践したところで、効果があるかを実際に販促活動を行い、そして検証、改善を重ねて行くことで、実際の集客数が見えてくるのです。

 

 

ホームページ開設してメディアミックス販促を

05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

 

そして、販促活動を実行するのに必要なのが宣伝媒体です。媒体と言っても、その種類は新聞の折り込みチラシや地方紙、の広告欄、ダイレクトメール、ホームページ、SNS程度しかありません。

 

しかし、現在はスマホやパソコンを持っている方が大多数なため、ホームページはほぼ必要不可欠と考えられます。お店に行く前にお店の名前をまず調べるという方がほとんどかと思います。

 

 

ただ単にサイトを作って検索エンジンなどに登録したり、ブログやSNSなどで宣伝をするだけではなく、チラシやホームページなどにアドレスや検索ワード、QRコードなどを明記して、そこから誘導するなどの方法が良いと思います。

 

こう言ったことが、いわゆるメディアミックスと呼ばれる販促活動になります。

 

さらに、ここでは詳しく触れませんが再来店を促すための販促も欠かせません。

 

 

各種販促活動にかかる費用について

eecc26b8a52780bc991bbce22c17a3b1_s

 

販促活動にかかる費用は、

 

・B4チラシで折り込み代や版代込みで2円から10円程度

・ポスティングは1枚5円程度

・ダイレクトメールははがきで60円から100円程度

・封書で100円から200円程度

・ラジオCMでは5000円程度

 

と言われています。

 

 

上記で挙げた以外にも、立て看板を置いたり、フリーダイヤルの窓口を開設するといった手段もあります。

 

 

まとめ

 

以上、簡単にではありますがまとめてみました。

 

もちろん、最初から全てが上手く行き、大成功するということもあり得ます。ですが、実際にはブームや競合店などの要素によって大きく変動し、あっという間に通用しなくなるということも珍しくありません。

 

そのため、再来店してもらうために有効期限付きの割引券を渡したり、来店への感謝を込めた専用のダイレクトメールを送るといった、リピーター獲得のための販促も重要になってきます。

 

これは販促に限らずコース作りやパック作りなどにおいても重要なことだと思います。常に何らかの戦略を立てて、策を打つことで集客を継続していかなければなりません。

 

 

様々な販促方法を考慮して、自店に一番沿った戦略を考えてみてくださいね。